デスクトップの拡大鏡 MeGaZoom

デスクトップの拡大鏡 MeGaZoom 1.70

文字・画像が見にくい時に 自動拡大虫めがね

賛成票

  • マウスカーソルが指しているところを自動的に拡大表示する
  • 拡大個所をワンタッチで固定できる
  • ウィンドウサイズを自由に調整できる

反対票

  • 操作のためのキーを覚えなければならない

とても良い
8

デスクトップの拡大鏡 MeGaZoomは、マウスカーソルの周辺や、指定した場所を拡大表示するソフトです。Webサイトや文書ファイルを閲覧していると、文字表示が小さくて読みにくい場合があります。ソフトやサイトによっては文字のサイズを変更できないことがありますし、後で元のサイズに戻すのも面倒です。このソフトを立ち上げておけば、必要な個所だけを、リアルタイムに拡大表示することができます。

デスクトップの拡大鏡 MeGaZoomを起動すると、画面左上に拡大ウィンドウが表示されます。初期状態ではマウスカーソルが指しているところを部分拡大する「追従モード」で動作します。特定の場所に拡大枠を固定したい場合は、「.(ピリオド)」キーを押して「固定モード」に切り替えます。画像を拡大して編集したいときなどに便利です。再度「.」キーを押すと追従モードに戻ります。

特別な操作をしなくても、拡大表示を見ることはできますが、手動でさらに拡大率を上げたい場合などはキーボードで操作します。拡大ウィンドウが前面に表示された状態(青色表示)で「+」「-」キーを押せば拡大・縮小、「/」でクリップボードにコピーします。「c」を押せば設定パネルが開きます。設定パネルでは拡大ウィンドウのサイズや位置、タイマーなどを設定することができます。

インストールは不要で解凍するだけで使うことができます。スタートアップに登録する機能はないので、PCを立ち上げる度に起動したければ、手動で登録する必要があります。(スタートボタンを右クリックし、[開く]-[プログラム]-[スタートアップ]として開いたフォルダーにショートカットをコピーします)

デスクトップの拡大鏡 MeGaZoomは、難しい操作無しで、画面上の気になる箇所を拡大表示させることができます。小さな字が苦手な人はもちろん、デザイナーなど細かい作業を要求される人にも便利です。

デスクトップの拡大鏡 MeGaZoom

ダウンロード

デスクトップの拡大鏡 MeGaZoom 1.70

ユーザーレビュー

スポンサー×